金融車を検討している方は是非一読ください!

 

金融車とは、借金等でお金を借り入れる際に車を担保として提供された上、担保実行された車の事を言います。

 

最近では金融車は俗称に近い意味合いが多く、担保実行された車の中でも諸事情により名義変更(移転登録)が出来ない状態の自動車を指す事が多く、「金融流れ」という表現を使う事もあります。

 

 

ローン未払いだけでは金融車にはならない

 

「金融車=ローンが払えなくなった車」と思っている人も多いです。

 

本来の「金融車」という意味では間違ってはいないのですが、現在世間的に認知されている金融車は、名義変更ができない状態の車という風になっています。

 

ローンを組んで、信販会社や販売会社が所有権留保をして登録した車が、毎月の返済が滞ってしまった場合は、所有権を有している者が車を引き上げる権利を所有しています。

 

単純にローンが払えなくなってしまった車は信販会社や販売店によって引き上げられる事がありますが、所有権を有している債権者が引き上げた車は、名義変更が可能な車となりますので、一般の中古車として市場に流通しています。

 

金融者の多くは、ローンを払えなくなっただけではなく、ローンを組んで購入した車を、ローンを組んだ信販会社以外の金融機関から金銭の融資に対して、所有権留保されている車を担保に入れる事で、名義変更不能の状態で引き上げられ、金融車となるのです。

 

せっかく購入した車が金融車となってしまうのはできれば避けたいところです。
金融機関などからの融資を受けずに現金を用意する方法として「ショッピング枠現金化」というサービスがあります。
いざというときには利用してみても良いかもしれません。

 

 

 

金融者は高級車が多い

 

レクサス

金融車はベンツやBMW・レクサスなどの高級車が占める割合が非常に多くなっています。

 

通常、こうした高級車を買える人というのは、お金をたくさん持っている人で、ローンを組んで購入する人が少ないと思っている人も多いです。
個人という点に限定すれば、高級車は現金をたくさん持っている人が一括購入をするケースも多いですが、高級車は法人がローンやリースを組んで乗っている事が多いのです。

 

 

法人は、売り上げから発生した利益に関して、経費として償却しなければ多額の法人税が発生するので、儲けが出たらリースなど会社の経費として有利な内容で車を購入する事が多いです。会社を経営する社長は、現金を持っていても税金で持っていかれるので、「贅沢できるのは経費計上できる車と食事だけ。」と思っている人も多く、背伸びして高級車を買ってしまう人も多いのです。

 

会社というのは、儲かる時は大きく儲けが出ていても、ちょっとしたきっかけで、それまで売れていた物が全く売れなくなる事があるなど、非常にモロい物です。

 

また法人等の事業用ローンは、一般の金融機関からの審査が非常に厳しい傾向があり、運転資金が足りなくなった時に、所有権留保されている車を担保に融資を行う、俗に言う闇金等、小規模の金融業者からの融資を受けているケースも多いのです。

 

こうした経緯から、金融者は法人名義の高級車が非常に多くなっています。

 

 

 

 

金融車は安い

 

金融車の一番のメリットとしては、憧れの高級車などを一般の市場で流通している中古車相場よりも大幅に安く買う事ができます。
金融車の相場は一般的な中古車相場よりも5~6割ほど安い価格に設定されています。
安い理由は当然、名義変更ができない事や、それに付随する金融者のデメリットがあるからです。

 

金融車の詳しいデメリットの内容については、「【買い手】金融車のデメリット」のページでも紹介しています。

 

 

 

 

金融車はヤクザやヤクザがらみが販売している事も

 

所有権留保がかかっている車や、債務者の意図に反して車を担保実行して引き上げる行為は銀行や、大手消費者金融などの金融機関は行いません。俗に言う闇金などと呼ばれる、違法性が高い金融機関や許認可を所得していない貸付業者が、車を引き上げて金融者として自社販売や提携業者に販売を委託・卸売している事が多いです。

 

闇金と言えばトサンやトゴ(10日で3割や5割の利息)で貸付している事もある、不当金利の貸付屋の事を言い、個人相手ではこういった法外な金利で貸付している事も実際にありますが、法人を相手にした闇金の場合は年利が20%前後や、トイチ(10日で1割)など比較的良心的な金利で貸付を行う変わりに、車や不動産を担保にし、貸付金の不払いがあった場合は問答無用で強制的に車を引き上げているケースが多いです。

ヤクザ

 

こうした闇金はヤクザが運営している事が多く、実際にヤクザ資本でなくても、何かしらの形でヤクザと繋がりを有しているケースがほとんどです。金融車を販売している業者はこうした闇金関係と強い繋がりがある業者が販売している事が多いのです。

 

少し前の時代では、ヤクザ自ら郊外の人気がない更地などに金融車を並べて販売していた事も多かったですが、暴対法が厳しくなった昨今では、表向きはヤクザではない預託業者等が販売しているケースが多くなっています

 

 

 

金融車を買うとヤクザと関わりを持ってしまうの?

困っている人

最近では金融車を個人向けに販売している業者も多く、中にはインターネットオークションなどで平然と金融車を出品している業者もいます。

 

金融車は安いから興味があるけど、金融車を買う事で、ヤクザに目を付けられたり、揚げ足を取られて脅迫される事はないのか不安を抱く方も多いです。しかし、最近では暴対法の効果も高く、金融車の販売に対しては、販売に関する車以外の事で販売店側が入り込んでくる事はほとんどありません。
金融車を購入して、代金を支払ってしまえば、後は売り手側はノータッチとなるのが一般的です。

 

ただし販売した金融車が所有者の強制執行により抹消登録をされる等のトラブルが起こった場合は、一切クレーム対応をしてもらえない事も多く、購入後は自己責任のルールになるのが一般的です。

 

 

 

 

最近急増している、使用者自らが金融者として車を売るパターン

 

パソコン

以前は金融者といえば、車を担保に貸付を行った業者が担保実行で車を引き上げて販売する車が主流でしたが、最近の金融車市場には変化があり、車の使用者自らがインターネットオークションや掲示板を活用して、金融車として車を売却する事が増えています。

 

こういったケースはローンを組んだ車を完済できない状態で目先の金銭難を克服する為に売りに出しているケースがほとんどで、不当な金利や、安い担保で車を差し押さえられてしまう闇金業者を利用するのであれば、最初から自分の手で車を金融車として処分してしまおうとするのです。

 

中には既にオートローンの未払期間が長く、そろそろ所有権がかかっている審判業者から正規のルートで車を引き上げられてしまう事を察して、自ら金融車として売って現金化しているケースも多いです。

 

こうした個人出品の金融車の車買取をするときも、メリット・デメリットは変わりはありませんが、売り手側が「販売後もローンはしっかり返済していく。」と言っていても、金融車として自ら売る事情がある個人は、車の引渡し後にローン代金を払ってくれるケースはほとんどありません。