金融車にはさまざまなデメリットとリスクがあり、購入の際にはマイナス面の事も考慮した上で検討する必要があります。

 

金融車は安く買えるメリットもありますが、安い理由には当然いくつかのデメリットがあります。
金融車を買う時には事前にしっかりデメリットを認識して購入する事が大切です。

 

買い手側の金融車のデメリットについてご紹介します。

<買い手のメリットについてはこちら。>

 

所有者が盗難届出や強制抹消・返還要求をしてくるケースがある

 

金融車は、従来の持ち主の同意を得て売られている事が一般的ですが、ある程度の経過期間を経て、本来の車の名義人と金融車の担保を実行した債権者とのトラブルの発生などにより、車の返還や盗難届出・強制抹消をされるリスクを伴います

 

こうしたケースでは購入時に一定期間を保証する特約付きの契約をしていない限り、販売店からの保証は一切受ける事ができず、最終的には車を返還せざる得ない状況になる事があります。

 

「いつまで金融車を乗り続けられるか?」というのは運次第で、半永久的に車を乗り続ける事が可能なケースもあれば、買ってすぐに車を元の持ち主や所有者に返さなければいけないデメリットがあります。

 

最低限、車を所有している事を正当化する為にも購入の際には必ず契約書と領収書を発行してもらい保管しておくようにしましょう。

 

 

 

一番やっかいなのは強制抹消

通常は金融車をめぐる車検証名義人や所有者とのトラブルにおいては、販売店を通じて返還要求をされる事が一般的ですが、所有者によっては強制抹消を行う手段を取られるケースがあります。

 

強制抹消をされてしまうと、車のナンバープレートや車検有効期限が残っているシールが貼ってあったとしても、法的にはナンバーが付いていない抹消登録車を乗っているのと同じ扱いになります。こうした状態で公道を走っている所を交通違反等で捕まってしまうと、車検切れ等の大きな免許点数の減点と罰金となってしまう事があります。

 

通常、ナンバープレートや車検証を返納しない強制抹消においては、事前に警察への盗難届出が条件となっている事が多く、事前に何もアクションがない状態で気づけば強制抹消されていたという事はほとんどありません

 

 

 

 

車に対してのクレームが通用しない

 

金融車は通常の中古車と違い、車の故障に対しての保証がなく、整備販売をしていない所が多く現状販売が主流となっています。

 

車を買ってすぐに故障してしまったり、買ってから交換や修理しなければいけない部品が判明した場合もクレーム対応はしてもらえず、実費で対応しなければいけません。多少は車の状態を見定める目利きができないと、金融車を購入するリスクは大きくなります。

 

 

 

ディーラーでは整備してもらえない事も

所有権留保されている事が多い金融車は、販売店に所有権が付いていて、車をディーラーの整備工場に持ち込んだ人が違う場合は整備を受け付けてもらえないケースもあります。コンピューター診断機等、購入する車種の整備体制が整っている民間整備工場が身近にある事を確認してから購入を検討するようにしましょう。

 

 

 

金融車になってから、オーナーが変わっている車は要注意

金融車を乗る人は短期間で乗り換えている人も多く、使い捨て感覚で一切点検整備をせず、荒く乗っている事も多いです。
中には、金融車になってから、何人も乗り手が変わっている車もありますので注意が必要です。

 

 

 

 

世間体が悪い

疑問に思う人

 

金融車は安い値段で高級車等を買う事もできるので、金融車という事を言わなければいい車の乗っていると周囲の評価が上がる事もありますが、万が一、その車が金融車だという事が周りの人にバレてしまった場合は世間体が悪く、「ヤクザ等との繋がりもあるのでは?」「違法性が高いことをしているので?」と誤解されてしまう事もあります。

 

とくに住んでいる地域の管轄ナンバーで無い場合は、周囲から「何で地方ナンバーの車を乗っているか?」と怪しまれてしまうので注意しましょう。

 

 

 

 

車両保険に入る事ができない

 

名義変更をできない金融車は、自動車保険の自賠責保険(強制保険)には加入できても、任意保険には加入できないデメリットがあります。万が一、人身事故や大きな物損事故などを起こしてしまうと取り返しのつかない事態になるリスクが出てきます。最低限、ドライバー保険に加入しておく・他に所有している車の任意保険にしっかり入っておく等、事故を起こした際の対策を取っておく必要があります。

 

 

 

 

継続車検が受けられない事も

 

金融車は、「自動車税を納税している」「所有者が盗難届等を出していない」「駐車違反やオービスによる放置された違反歴がない」などの条件が整っていれば、継続車検を通す事が可能です。

 

しかし、これらのいずれかの条件のひとつでも欠けている場合は車検を通す事ができません。
金融車も車検を通せない状態では、リスクは多くなり価値も半減します。

 

 

 

地方ナンバーは自動車税の扱いに注意

金融車は車検証上の使用者に納税通知が来ます。
自動車税は各都道府県が管轄になりますので、納税通知書や納税証明書がなくても、各管轄の県税事務所に行き、各種再発行手続きを行えば問題なく自動車税を納めて、継続検査用の納税証明書を発行する事が可能になりますが、地方ナンバーの場合は、そのナンバーの管轄の県税事務所でないと対応してもらえません
実際にその地方に行くか、問い合わせをして郵送等のやり取りで行う等の手間が発生します。

 

 

 

 

売る時も一苦労

 

市場相場より安く買える金融車は売る時にも当然市場相場で売る事はできず、通常の買取専門店などの正規業者に売る事もできません。
金融車を売る時は、金融車を専門に取り扱っている業者に売るか、自分自信でインターネットのオークションや掲示板を利用して売るしかありません。

 

業者に売る時は買う時ほど、親切な対応が期待できず、ネット等で個人売買をする時も要点を抑えて次の買い手に金融車のリスクを納得して売っておかないと、トラブルの原因になります。金融車として購入した車を他の個人に転売した場合、万が一その車に盗難届出を出してトラブルが発生した場合には売却済みでも巻き込まれてしまうリスクが発生します。

 

後のトラブルを防ぐ最善の方法としては、購入した業者がまだ存在している場合は、買取額が安くても、元の業者に売却する事がリスクを抑える事ができます。

 

購入する時は市場相場の半額くらいで買えても、業者に売却する場合は一般的な査定相場の半分ではなく二束三文になるケースが多いです。