安く購入できますが、突然、車を使用することができなくなる可能性が少なからず存在します。

 

金融車を購入して起こりうるトラブルとはどういったものがあるでしょうか?

 

金融車を購入したいと思っているけれど、いろいろと不安だという人のために購入後、どのようなトラブルがあるのかということを考えていきたいと思います。

 

 

購入後のトラブル

 

車検が通らない

まず考えられるトラブルとして購入してから次の車検の時期が来たとき、継続車検が受けられないことがあります。
自動車税が納められていないなどの理由があると陸運局で永久抹消登録される恐れがあり、車検を通すことができなくなります。
また以前の所有者が駐車違反などをしている場合も同様に車検を通すことができません。

 

任意保険に加入できない

こちらも名義変更が完了していない金融車の場合は、任意保険に加入できないケースが多いです。
任意保険に加入できない場合、万が一事故を起こしたときに任意保険で賄うべき賠償できない可能性もあります。

 

強制抹消に陥る可能性も

金融車を購入した後に起こりうるトラブルとして購入後に突然、強制抹消が行われて陸運局で抹消登録されると車がつかえなくなってしまいます。
これは車検が残っていても、法的に車が有効ではなくなってしまうので、車を継続して使用することができません。

 

元の所有者が返還要求をしてくることも

債権の担保として差し押さえられた金融車の場合、それが元の所有者にとって不本意だったり、納得のいかない場合は、例え金融車として販売されて人手に渡ったあとでも返還要求をしてくる可能性があります。
違法に売り渡された車を元の持ち主が「その車は私のだ。返してくれ。」とクレームをつけてくる可能性があります。

 

このようなケースを考えると金融車というのは、購入時に安く入手することが出来ても、いつの日が突然、車を使用することができなくなるといった可能性が少なからず存在しています。
そして元の所有者などとトラブルになる可能性なども多分に含んでいることをよく理解したうえで金融車の購入を検討するべきでしょう。