売り手側の金融車の最大のメリットはローン残債により名義変更ができない車でも売れる事です。

 

ローンを組んで購入した車の多くは、所有権を販売店か信販会社にする所有権留保をかける事を条件にされるケースが多いです。
近年ではローン販売時の所有権留保をするケースが増えていて、特に信販会社の名義で所有権を設定される事が多いです。

 

所有権留保された車に関しては、ローンを完済しない限り名義変更に必要な所有者の印鑑証明・委任状等の所有権留保書類を発行してもらう事ができず、一般の業者に売却する事ができません。

現金

 

こうした所有権留保と、ローン残債がある事で通常では売却する事ができない車を売る事が金融車の誕生となります。

 

こういった事情から、金融車を売る際の最大のメリットは「ローンが残っている車でも売る事ができる」事になり、すぐに現金化をする事も可能となります。

 

 

ローンを完済すれば、再びローン購入する事も可能

 

金融車を扱う業者や購入する個人については、正規の金融機関ではありません。

 

一般的な金融機関や信販会社がローン審査の時に参考にする信用情報には、仮に完済前に車を売ってしまっても、滞りなく返済した実績があれば何も記載されません。俗に言うブラックリスト(信用情報の事故情報)には掲載されなければ、この先、車や家の購入やキャッシング等で新規借入を行う事が可能となります。

 

 

 

ローンを完済すれば、追加代金を請求できるケースも

名義変更ができない金融車という理由で、安く取引した車の場合はローンを完済して名義変更に必要な書類を用意できるようになったら、後からでも買い手側と交渉して、追加代金を請求して名義変更に必要な書類を渡す事も可能となります。

 

買い手側の同意がなければ成立しない事ですし、名義変更書類と合算した価格は通常の中古車買取相場より安くなる事が一般的ですが、金融車として売却した汚点や証拠を消滅させる事も可能となる場合があります。

 

 

 

 

ローンを踏み倒せるケースも

 

金融車としてローン残債がある状態で車を売った場合には、理想は引き続きローンの残債を毎月返済していく事ですが、金融車として売却する人は、返済したくてもできない事情の方も多いと思います。

 

金融車として、現車を手放してしまったオートローンの残債は、毎月の返済をせずに踏み倒せるケースもあります。

 

信販会社から連絡

月々の返済を行っていない場合は、まずはローンを組んだ信販会社から催促の連絡が入ります。
残債の支払い催促に一定期間応じなければ、車の引き上げ要求をしてきます。そこで金融車として売却してしまった事を伝えれば、後は売却先とローン会社との交渉となり、残債の取立てがなくなり、結果的に踏み倒せるケースもあります。

 

当然、その後5年~10年は新規借入を行う事もできなくなりますが、車のローンの月々の返済ができなくなった場合、何もせずにローン会社が車を引き上げに来るのを待っても手元にお金は残りませんが、金融車として売却した場合はその時点でいくらかの現金を受け取る事ができるメリットがあります。

 

 

 

金融車として売ってもすぐにはローン会社に連絡しない

金融車としてローン残債が残っている車を売却した場合、すぐにローン残債の支払い請求を止めたいが為に金融車として売却した旨をローン会社に連絡しようとする人がいますが、支払いを踏み倒す事を目的とした転売行為は詐欺に当たる可能性があります

 

金融車として売却した後も、ローン残債を払う・払わないは別にして、一定期間はローン会社に連絡をしないようにしましょう。

 

売却した契約書や担保融資の書類等がある場合は、売却後に一回でも良いので、月々の返済を行った実績を作っておく事も有効になるケースがあります。結果的には、「売却後も月々の返済を行う予定だった。」「担保に入れて借入したお金をすぐに払って車を返してもらう予定だった。」という口実を作る事が重要です。

 

 

 

 

金融車専門業者は売却後のサポートをしてもらえる事も

 

金融車として売却しても、その後の車の名義人は自分自信になりますので、新しい乗り手が犯罪に使用したり、駐車違反やオービスによる速度超過等の交通違反を放置されて車検証の使用者に連絡が来る場合や、自動車税の納税通知や役所から催促の連絡の問題などが発生します。

 

金融車を専門に扱っている業者では、買い手側に自動車税の負担や交通違反時に放置をしない契約等を行い、管理を行っている業者や売り手側に、次の買い手の車の扱いによって起こるトラブルリスクを緩和したり保証するサービスを行っているケースもあります。
こうしたアフターケアが万全な業者については、買取価格が多少安くても利用する価値が高いと言えます。